キーボードファームウェアのVial化

キーボードのファームウェアをVial化するための大きなポイントを記録に残しておく。 「keymap/vial/rules.mk」に下記を記述する。 VIAL_ENABLE = yes 「keymap/vial/vial.json」を作成する。 テンプレートは下記。 { lighting: none, matrix: { rows: (row数), cols: (col数) }, layouts: { keymap: [ (KLEからダウンロードしたJSONの「name」以外のデータを貼り付ける) ] } } 下記コマンドでキーボードGUIDを生成し、「keymap/vial/config.h」に追記する。 $ python3 util/vial_generate_keyboard_uid.py 「keymap/vial/config.h」に下記アンロック設定を追記する。 数字を変更すると、アンロックするキーコンビネーションが変わる。 #define VIAL_UNLOCK_COMBO_ROWS { 1, 0 } #define VIAL_UNLOCK_COMBO_COLS { 1, 1 }

Googleマップ

普段から地図を見る事が大好きなので、暇さえあればGoogleマップで行ったことのある場所、ない場所を見て楽しんでいるのですが、「以前に月とかも見れたよなぁ」と思い、思い切りズームアウトしてみると地球儀っぽくなりました。

f:id:digitarhythm:20200320172946p:plain
Googleマップ 地球儀



そこで、もっと引いてみたら太陽系とか出るのかな?と思い、さらにズームアウトしてみたところ…

f:id:digitarhythm:20200320173107p:plain
Googleマップ 惑星と衛星



いくつかの惑星と衛星が出てきました。そこに、「国際宇宙ステーション」があったので開いてみると…

f:id:digitarhythm:20200320173214p:plain
Googleマップ 国際宇宙ステーション



国際宇宙ステーションの中が360°ビューで見られるようになってました。この内部の映像がリアルタイムになったら凄いなぁなどと思ったのですが、まぁ無理ですね(笑)



コメント

このブログの人気の投稿

ロープロファイルキースイッチ

Outemuロープロファイルキーボード

キーボード作りデビュー