投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

キーボードファームウェアのVial化

キーボードのファームウェアをVial化するための大きなポイントを記録に残しておく。 「keymap/vial/rules.mk」に下記を記述する。 VIAL_ENABLE = yes 「keymap/vial/vial.json」を作成する。 テンプレートは下記。 { lighting: none, matrix: { rows: (row数), cols: (col数) }, layouts: { keymap: [ (KLEからダウンロードしたJSONの「name」以外のデータを貼り付ける) ] } } 下記コマンドでキーボードGUIDを生成し、「keymap/vial/config.h」に追記する。 $ python3 util/vial_generate_keyboard_uid.py 「keymap/vial/config.h」に下記アンロック設定を追記する。 数字を変更すると、アンロックするキーコンビネーションが変わる。 #define VIAL_UNLOCK_COMBO_ROWS { 1, 0 } #define VIAL_UNLOCK_COMBO_COLS { 1, 1 }

新Kyashカード来た!

イメージ
Kyash Card Silver 去年(2019年)、登場すると予告されていた、ポイント決済ソリューション「Kyash」の新しい物理カードが、本日届きました。色はシルバーにしました。 元々、Kyashのリ アルカード (現Kyash Card Lite)を持っていて使っていました。このKyashカードは、ちょっと前に流行った独自ポイントシステムで、Kyashを使っている人にポイントを送ったり、受け取ったり出来るサービスです。仮想通貨みたいなものですね。 仮想通貨 Suica や PASMO は FeliCa を使ってコンビニなどでの非 接触 決済で買い物をしたり出来ますが、このKyashは当時としては珍しく、Kyashに入っている独自ポイントを、そのまま「1ポイント=1円」として VISAカード の支払いに使える仕組みになっています。それまでの独自ポイントシステムは、決められたサービスでしか使えないポイントだったりで、誰でもどこでも使えるような感じにはなっておらず、イマイチ使い勝手が良くありませんでした。 Suica や PASMO は買い物決済などに使わなくても、普段の電車利用で消費出来るため、独自ポイントとしてカード内に残っていてもそれほど気にはならないのかもしれません。 Suica / PASMO しかしこのKyashは、前述の通りKyashポイントがVISAの支払いに使えるため、登録と同時に発行された仮想 VISAカード 番号を Amazon などに登録しておけば、そのまま Amazon での購入の支払いに使うことが出来ます。また、クレジットカードとほぼ同サイズの「Kyashリ アルカード 」というものが発行出来ます。こちらだと店舗でのカード払いなどにもKyashのポイントをVISAクレジット払いとして利用出来ます。このリ アルカード のクレジット番号はクレジットカード番号そのものなので、 Amazon の支払いに登録出来るのは仮想番号の時と同じです。 ネット通販 このKyashの使い勝手が良かった点としては、支払い時にカードに入っていたポイントが足りなかった場合は、足りない金額だけ連携してあるクレジットカードから支払われるというのが優秀でした。PayPayなどは「全てポイントで払う」か、「すべてクレジットカードで払う」になるのでポイントが使えない事があっ