スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ATOM Camを買ってみた

うちにはWebカメラがない在宅勤務になり、リモートワークになり、ビデオ会議になったのだけれども、うちにゴロゴロとあったWebカメラを探してみるがひとつもない。全然ない。1mmもない。どうも、断捨離の時に捨ててしまったらしい。よく考えてみると、ほとんどが壊れてしまって捨ててしまったような記憶がちょっとだけある。というわけで、AndroidスマホをWebカム化する「DroidCam」や、iPhoneをWebカム化する「HD Cam」などを使ってみたが、使っているとスマホのバッテリーが充電しているにも関わらずガンガンに減っていったり、本体が触れないくらい熱くなるので使わなくなってしまっていた。
そんなところでWebをウロウロしていたら、Wi-Fiカメラの「ATOM Cam」が「ネットショップなどでWebカメラの売り切れが続出しているので、暫定措置としてWebカメラにするファームウェアを提供します」とあるではないか。
価格は2,500円+送料。Amazonだとプライム送料無料で3,350円。この値段なら迷うことなくポチれる、ポチしまくれる。で、届きました(Amazon超絶速い)。
完全にカメラとUSBケーブルだけの、めちゃくちゃシンプルな梱包。ほぼほぼ「箱のサイズ=カメラのサイズ」と言っても過言ではない。いや、それは言い過ぎか。高さはカメラより箱の方が高い感じ。上から見た寸法はほぼカメラと同じ。では、取り出してみます。
カメラ部分だけ左右にクルクルと廻る。360度廻るかどうかはやってみていないので分からない。上下にはZ字状の台座があり、ちょっとだけ伸び縮みします。裏はこんな感じですね。
このカメラ自体は、本来はスタンドアロンで動作するホストになるので、パソコンと繋いで使うとなると、通信は上のUSB-Aで繋いで行う感じになる。下の丸い窪みはUSB-microBで電源供給専用(たぶん)。なので、Webカメラとして使う場合は上のUSB-Aと、パソコン側のUSB-Aを接続して使う感じになりますね(2回目)。
ここで、ピンと来る方も居ますよね、そう、そんなケーブル持ってませんよね?(普通は)。
USBの規格では、パソコン(ホスト)側をUSB-A、デバイス側をUSB-Bと決まっているので、モバイルバッテリー同士を接続して爆発させたりなどと言うことが起こらなくなっている(と思う(たぶん))。しかしこ…
最近の投稿

Minecraft Pocket Edition用のmobプラグイン

Minecraftには3つの種類があるコンシューマーエディション(プレステ用とか、XBOX用とか、SWITCH用とか)ポケットエディション(iOS用とか、Android用とか、Windows10エディションとか、最近はプレステ4とかも)Javaエディション(WindowsとかMacとかで動かすやつ)このうち、自前でマルチプレイのサーバーを建ててみんなでワイワイ出来るのが(2)と(3)。
(3)のJavaエディションは歴史が長いのでいろんなサーバーMODや、クライアントMODがあって出来ることも多い。
しかし(2)のポケットエディションは、最初はスマホなどでひとりで遊ぶ感じだったものが有志の手によって、マルチプレイ出来るサーバープログラムが開発され、個人でサーバーを建てられるようになっている。
しかし、如何せん勝手にやっているので開発元であるマイクロソフトの動きに振り回される形で、周辺アプリが開発されている。このポケットエディションのマルチプレイサーバープログラム、つい最近までmobが出てこず、ただみんなで積み木プレイをするだけだったので、サバイバルと言っても腹が減って死んだり、溺れて死んだり、落ちて死ぬだけなので、あまりサバイバル感はなかった。そこで、mobを動かすプラグインを作る人が出てきた。poggit.pmmp.io
このプラグインはちょっとプレイヤーの追随アルゴリズムに疑問が残る追いかけ方をするが、ちゃんと邪魔をしてくれるので所謂マインクラフトのサバイバルモードになっている。
これなら、いろんなデバイスから入れるのでプレイの幅が広がる。
いつでもどこでもマインクラフトが出来るので、さらに時間泥棒になるので、困った(困ってない

ゲーム専用Windowsマシン遍歴

Windowsマシンというゲーム機

こんにちわ、Chromebookに移行したと言いながら、MacWindowsも使っている今日この頃、如何お過ごしでしょうか。私は割とゲームをやる方だと思うのですが、いわゆる世間一般的に言う「コンシューマーゲーム機」と呼ばれるモノは買わないようにしています。それは何故か!?理由は単純で欲しいゲームが出てきた場合に、そのゲームが出来るゲーム機をホイホイと買っていると、気づいた頃にはアラ不思議、家がゲーム機だらけになってしまうからです。なのでゲームはWindowsパソコンでやることにしました。Windowsパソコンでゲームをやる場合、メーカー製のパソコンを買うパーツを買ってきて自分で組むの2択になるわけなのですが、メーカー製のパソコンは自分で組むのに比べると割高になる可能性が高いのと、自由度がかなり低く自分でパーツの交換が行いにくいというこ事で自分で組むことにしました。まず最初に買ったのは筐体でした。



以前にグラフィックボードを2枚挿したりした時に熱と戦った経験から、筐体はデカいにこしたことはないという事で大きめの筐体を買いました。
筐体と一緒に、マザーボード、CPU、メモリ、ビデオカード、電源を買いました。電源は筐体に500Wが付いていたのですが、GeForce GTX760を使うには足りないだろうということで別で買いました。






この時の大失敗は、CPUをケチって5,000円くらいのAMD A5350を買ってしまったことです。後々こいつがかなり脚を引っ張ることになります。メモリは画像にあるように4GB×2を買いました。しばらくはこの環境で「rFactorMinecraft専用機」として使っていました。


しかし、この後にValveのPCゲームプラットフォーム「Steam」に手を出してしまい、GPUが非力になっていきます。rFactorも2を買ったり、BATTLEBORNを初めたりとするうちにGPUを換装しようと思い立ちます。そして、この大型の筐体が邪魔になってきたので小さなゲーミング筐体を買うことにしました。
この筐体は標準サイズの電源が使えないので400Wの電源も購入しました。


さらに筐体に合わせてMini-ITXマザーボードと、256GBのSSDを1つと、1TBのSSHDを2つ購入しました(マザーボードの写真は撮り忘れました)。

で、この筐体…

新Kyashカード来た!

Kyash Card Silver

去年(2019年)、登場すると予告されていた、ポイント決済ソリューション「Kyash」の新しい物理カードが、本日届きました。色はシルバーにしました。


元々、Kyashのリアルカード(現Kyash Card Lite)を持っていて使っていました。このKyashカードは、ちょっと前に流行った独自ポイントシステムで、Kyashを使っている人にポイントを送ったり、受け取ったり出来るサービスです。仮想通貨みたいなものですね。

仮想通貨

SuicaPASMOFeliCaを使ってコンビニなどでの非接触決済で買い物をしたり出来ますが、このKyashは当時としては珍しく、Kyashに入っている独自ポイントを、そのまま「1ポイント=1円」としてVISAカードの支払いに使える仕組みになっています。それまでの独自ポイントシステムは、決められたサービスでしか使えないポイントだったりで、誰でもどこでも使えるような感じにはなっておらず、イマイチ使い勝手が良くありませんでした。SuicaPASMOは買い物決済などに使わなくても、普段の電車利用で消費出来るため、独自ポイントとしてカード内に残っていてもそれほど気にはならないのかもしれません。

Suica/PASMO

しかしこのKyashは、前述の通りKyashポイントがVISAの支払いに使えるため、登録と同時に発行された仮想VISAカード番号をAmazonなどに登録しておけば、そのままAmazonでの購入の支払いに使うことが出来ます。また、クレジットカードとほぼ同サイズの「Kyashリアルカード」というものが発行出来ます。こちらだと店舗でのカード払いなどにもKyashのポイントをVISAクレジット払いとして利用出来ます。このリアルカードのクレジット番号はクレジットカード番号そのものなので、Amazonの支払いに登録出来るのは仮想番号の時と同じです。

ネット通販

このKyashの使い勝手が良かった点としては、支払い時にカードに入っていたポイントが足りなかった場合は、足りない金額だけ連携してあるクレジットカードから支払われるというのが優秀でした。PayPayなどは「全てポイントで払う」か、「すべてクレジットカードで払う」になるのでポイントが使えない事があったりするのが玉に瑕です。その点Kyashはそこを気にせず、普通に支払えば…

Googleマップ

普段から地図を見る事が大好きなので、暇さえあればGoogleマップで行ったことのある場所、ない場所を見て楽しんでいるのですが、「以前に月とかも見れたよなぁ」と思い、思い切りズームアウトしてみると地球儀っぽくなりました。
Googleマップ 地球儀

そこで、もっと引いてみたら太陽系とか出るのかな?と思い、さらにズームアウトしてみたところ…
Googleマップ 惑星と衛星

いくつかの惑星と衛星が出てきました。そこに、「国際宇宙ステーション」があったので開いてみると…
Googleマップ国際宇宙ステーション

国際宇宙ステーションの中が360°ビューで見られるようになってました。この内部の映像がリアルタイムになったら凄いなぁなどと思ったのですが、まぁ無理ですね(笑)

Chromebookとはなんぞや(2)

前回の記事、
www3.hateblo.jp
で、言いたい事が全て書けている気がしないので、補足の意味も込めて「その2」を書いてみます。

どんなパソコンでもChromebook

普段からChromebookを使っていると、新しくMacWindowsを買った時に、それをChromebookとして使えるという現象が起きます。

新しいWindowsマシンやMacを使い始める時に、ほとんどの場合はログインするためのアカウント作成をすると思います。Windowsであればマイクロソフトアカウントであったり、MacであればApppleIDなどですね。これらのアカウントでパソコンにログインするようにすると、以前使っていたパソコンや他で使っているパソコンの情報が、そのまま反映されます。それはメールであったり、購入したアプリであったり、ブラウザ設定であったりですね。

この、パソコンを使う時に必須なアカウントが、Chromebookでは…

Gmailアドレスなんです。

普段からChromeを使っている方であれば、Chromeのブックマークや各種設定を、Gmailアカウントで同期している方もいると思いますが、ChromebookWebブラウザChrome)自体がパソコンそのものなので、

Chromeの環境=パソコンの環境

ということになります。みなさん、Chromeを使っている方は当然ですが、そうじゃない方でもGmailアドレスは持っていますよね?え?持ってない?早く作ってください!(笑)冗談はさておき、普段Chromeの環境を同期しているアカウントや、メールのやりとりしているGmailアカウントでログインするだけで、

パソコンそのものの環境が同期されて、すぐに使える状態になります。

MacWindowsだと、アカウント作成後にシステム設定を自分好みに設定したり、アプリケーションをインストールしたり、Macであればキーチェーンの情報を移したりとやることがたくさんありますが、ChromebookChromeの同期が終わってしまえば、まるでさっきまで使っていたパソコンかと思うような状態になります。MacWindowsでこれをやろうと思うと、「移行アシスタント」のようなものでOSやアプリケーションを、何時間もかけてまるごとコピーしないといけません。

アプリケーションも、基本的にはWebアプリケーションなの…

Chromebookとはなんぞや

あ、CMでやってたやつだ正解です。でも、ほとんどの人にとっては自分で使っているWindowsMacとなにが違うのか分からないのではないでしょうか。そのへんを紐解いて(大袈裟)みたいと思います。
そもそもChromebookってなに?一般的に知られている定義としては「ChromeOSで動作するノートパソコン/タブレット」ということになります。はい、ここでひとつテクニカルタームが出てきましたね。ChromeOS「Chromebookじゃないの?」と思ったあなた、鋭いですね。「Chromebook」の「Chrome」と、「ChromeOS」の「Chrome」は、同じGoogleWebブラウザー「Chrome」を指しています。「Chromebook」は、このGoogleWebブラウザである「Chrome」だけを使うノートパソコンの総称になります。「え?うちのパソコンでもChrome動いてるよ???」と思ったあなた、鋭いです。そうなんです、この世のほとんどのパソコンでChromeは動いています。では、Chromebookはなにが違うのでしょうか?ひとこと(且つかなり乱暴)で言うと「アプリがChromeしか動かない」というポリシーで作られているノートパソコンになります(ポリシーなのでほんのりと破る事は出来ます(笑))。

アプリケーションは???「Chromeしか動かないんじゃ、音楽聴いたり、絵を描いたり、エクセル使う時はどうするの???」と思ったあなた、いい質問です。これらの全ての作業は、Webブラウザ上の、Webアプリケーションで行うことになります。音楽で言えば「Spotify」、画像編集で言えば「Pixlr E」、エクセルというかスプレッドシートで言えばGoogleスプレッドシートが使えます。さらに言えば、動画サービスである「Netflix」、「Hulu」、「Amazonプライムビデオ」などもWebアプリケーションが提供されているので、なにも問題なく使えます。当然のことながら「YouTube」はWebアプリなのでまったく問題なしです。エクセルの仲間であるワードやパワーポイントなども「Googleドキュメント」、「Googleスライド」があります。そして、まだまだ不安定ではありますが「Chromeだけが使えるノートパソコン」という概念を覆すような感じで、Androidアプ…