キーボードファームウェアのVial化

キーボードのファームウェアをVial化するための大きなポイントを記録に残しておく。 「keymap/vial/rules.mk」に下記を記述する。 VIAL_ENABLE = yes 「keymap/vial/vial.json」を作成する。 テンプレートは下記。 { lighting: none, matrix: { rows: (row数), cols: (col数) }, layouts: { keymap: [ (KLEからダウンロードしたJSONの「name」以外のデータを貼り付ける) ] } } 下記コマンドでキーボードGUIDを生成し、「keymap/vial/config.h」に追記する。 $ python3 util/vial_generate_keyboard_uid.py 「keymap/vial/config.h」に下記アンロック設定を追記する。 数字を変更すると、アンロックするキーコンビネーションが変わる。 #define VIAL_UNLOCK_COMBO_ROWS { 1, 0 } #define VIAL_UNLOCK_COMBO_COLS { 1, 1 }

モバイル音楽

最近PDAが高機能化してきたおかげで、シーケンサーやらリズムマシンなんかが買えるようになってきて、DS用に「KORG DS-10」とか、iPod Touch/iPhone用にintuaから「BeatMaker」とか出てきた。



なんでこの2つなのかっていうと、俺が持ってるのがこの2つだから (笑)



DS−10のほうは日本のKORGが作ってるってこともあって、説明書も日本語なのでちょこっといじってみたりしたけど、BeatMakerは海外のソフト(なのに2300円出して買った)なので説明書が英語なのでほとんどいじってなかった。

大きな本屋に行ったらHowTo本売ってるかなぁと思うが、大きな本屋に行けてない。



と思ったら、説明書を翻訳して置いてるサイト発見。

ありがとうございます。



Evernoteにぶっこんで見ながらいじろうと思います。



コメント

このブログの人気の投稿

ロープロファイルキースイッチ

Outemuロープロファイルキーボード

キーボード作りデビュー